シャンプー

シャンプーの役割は、髪や毛穴に付着した埃やふけ等の汚れを取り除いて、髪や頭皮を清潔にする事です。ここを清潔にしていないと髪や毛穴に汚れが溜まってそれをエサとする雑菌が増殖し、毛が多大なダメージを受けて本来よりも生えている期間が短くなり、抜け毛、薄毛を助長してしまうので、シャンプーはとても重要なポジションを担っている事が分かります。 ところでシャンプーならばどれを使っても良いのでしょうか。

今、世に出回っているシャンプーの中で最も多いのは石油系と呼ばれるものですが、何故多いのかというと、石油系は人工的な大量生産が可能だからです。 安価で泡立ちが良く、汚れを落とす力が強いというのが石油系のメリットだと思いますが、このうち汚れを落とす力が強いという点が髪や頭皮にとって良くありません。

髪内部を保護する毛小皮がはがれてめくれ、乾きから守るために頭皮の毛穴から染み出る皮脂が減る事で、髪や頭皮が外部からの刺激に対して無防備になり、枝毛や切れ毛、ふけの増加を招くためです。 つまり汚れを落とさないのも良くないですが、落とし過ぎても良くないのです。

従って汚れの除去という本来の役割を超えて髪や頭皮までダメージを与えてしまう石油系のようなシャンプーは避けた方が良く、髪や頭皮をあまり刺激しないアミノ酸系のようなシャンプーを選ぶべきです。 アミノ酸系は汚れが落ちにくく、髪に量感を持たせづらい弱点がありますが、たんぱく質の素であり、体に馴染むアミノ酸を原料としているので、髪や頭皮に優しいです。

アミノ酸系の中でも特にプラセンタを配合したシャンプーは体が欲するアミノ酸や、細胞自身に働きかける成分を多く含むために、髪や頭皮を強化し毛のトラブルやふけを防ぐ事ができます。 特異な性質を持ったプラセンタ配合シャンプーは、将来ヘアケア市場で特に勢いを増すと考えられます。